メモリアル4thでサーバーを構築するには?

サーバーを構築するには、先にいくつかのファイルを準備する必要があります。
ここでは、準備するファイルから構築方法までを詳しく説明していきます。

1.必要なファイルを準備する

・メモリアル4thのフルクライアント ダウンロード(キーワード:mslib)
v62 ローカルホスト ダウンロード
・Java JRE 6 or 7(JDK 7を使用する場合には、JRE 7を使用して下さい)
・Java JDK 6 or 7(JRE 7を使用する場合には、JDK 7を使用して下さい)
・JCE※
・navicat8.2 ダウンロード
・WampServer
・Hamachi(使用する場合のみ)
・Stirling
・メモリアル4thのリパック ダウンロード
※JCEは、JRE、JDKのバージョンが6の場合は こちら を、
 7の場合には こちら をダウンロードして下さい。

2.ダウンロードしたファイルをインストールする

Navicat、WampServer、Hamachi、JRE、JDKをインストールします。
JRE、JDKは、C:\Program Files\Java にインストールして下さい。
インストールが完了したら、C:\Program Files\Javaを開いて、
jdk1.6.0_○○という名前になっているフォルダの、○○の部分を、06に変更して下さい。

3.設定をする

- 環境変数の設定 -
マイコンピューターを右クリックしてプロパティを開いた後に、
詳細設定を開き、環境変数のボタンを押します。
システム環境変数の方の、Pathを見つけ、ダブルクリックで編集の画面を開き、
変数値の一番後ろに;C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_06\binと入力して、
OKボタンを押せば、環境変数の設定は完了です。

- ホストの設定 -
Cドライブ -> WINDOWS -> system32 -> drivers -> etcの中にある、
hostsをメモ帳で開き、一番下の行に、127.0.0.1 login.odinms.de と入力。
保存が完了したら、ホストの設定は完了です。

4.Navicatの準備

インストールしたWampServerを起動し、アイコンが緑色になるまで待ちましょう。※
緑色になったら、Navicatを起動し、左上の[接続]ボタンを押します。
接続名は空欄、ホスト名の所にはlocalhostと入力、ポートの所には3306と入力し、
ユーザー名にはrootと入力、パスワードは空白のままにしておいてください。
確認を押すと、左画面にlocalhostが追加されるので、ダブルクリックで開き、
localhostを右クリック -> 新規データベースを選びます。
データベース名は、memorial4thにし、他の設定箇所は触らずにOKを押します。すると、localhostの中にmemorial4thという名前でデータベースが作成されるので、
右クリック後、「バッチファイルを実行する」を選び、リパックからMemorial4th.sqlを読み込みます。
ここでエラーなくSQLが読み込めれば完了です。
多少のエラーであれば、起動する場合もあります。

※もし緑色にならない場合には、Skypeなどのポート番号を変更してみて下さい。
ここのサイトでは説明しないので、各自で Skype ポート変更 で検索して下さい。

5.JARファイルをコピーする

1でダウンロードしたJCEを解凍し、中に入っている2つのファイル(local_policy.jarとUS_export_policy.jar)を、以下の7つのフォルダへコピーします。
C:Program Files¥Java¥jre6¥lib¥security
C:Program Files¥Java¥jre6¥lib¥ext
C:Program Files¥Java¥jre6¥lib
C:Program Files¥Java¥jdk1.6.0_06¥lib
C:Program Files¥Java¥jdk1.6.0_06¥jre¥lib
C:Program Files¥Java¥jdk1.6.0_06¥jre¥lib¥ext
C:Program Files¥Java¥jdk1.6.0_06¥jre¥lib¥security

6.サーバーの設定をする

リパック内のworld.properties、login.properties、channel.propertiesをメモ帳等で開き、=localhostと書かれている部分を、=HamachiIPの様に書き換え、保存します。HamachiIPとは、Hamachiを起動すると、一番上に表示される番号です。レートなどの設定はworld.propertiesから変更できるので、色々試してみてください。

7.サーバーを起動する

STARTER.batを起動することで、サーバーが起動します。
エラーが起こる場合には、
launch_world.bat
launch_login.bat
launch_channel
の順に少し間をあけて起動することで、エラーが解消されることがあります。
それでもエラーが出て起動が出来ない場合には、以下の点を確認して下さい。
・SQLが正常に読み込めているか
・WampServerのアイコンが緑色になっているか
・Hamachiが起動しているか

また、起動に関しての質問があれば、掲示板にて、答えられる範囲でのみお答えします。

また、友達をサーバーに呼びたい場合には、Hamachiネットワークを作成し、
作成したネットワークに友達を呼ぶ必要があります。

8.ローカルホストを編集する

ローカルホストの編集の際に、STREDITというツールを使うと、簡単に編集することができます。
v62以下のバージョンのローカルホストを編集する場合には、こちら(STREDIT old)を、それより上のバージョンのローカルホストの場合には、こちら(STREDIT)を使用して編集、保存して下さい。

編集方法:
1.STREDITを起動し、ローカルホストを開く
2.IP部分(画面右側)を自分のHamachiIPに変更する



☆略語、単語について
NoDamageCap(acity)...ダメージ制限2.1gまで
UFJ...UnlimitedFlashJump(無限フラッシュジャンプ)
InfiniteText...チャット文字数制限解除
DropableNX...ポイントアイテムを捨てられる
Spam(chat)...連続で同じ内容で発言できるようにする









ページのトップへ戻る

inserted by FC2 system